不動産鑑定士のメリット

不動産鑑定士は、収入が比較的良く、年収の平均が600万円?700万円となっています。
サラリーマンの平均的な年収が400万円程度であるため、不動産鑑定士の場合は1.5倍以上も稼ぐことができるのです。
また、1000万円の年収というような人も多くいます。
マンションこのように収入が高いということは、不動産鑑定士の一つのメリットと言えるでしょう。
しかも、景気の影響を受けなくて安定しています。
景気がいい時期には、評価の売買に伴うものが増加します。
一方、景気が良くない時期においても、公的な固定資産税や地価公示などの評価や、任意整理や競売物件の評価というようなものがあります。
また、景気に影響されない、賃料争いによる賃料評価や相続による評価というような仕事もあります。
このように、不動産鑑定士のメリットは景気に影響されなくて安定していることであると言えます。
不動産鑑定士の仕事は不動産を鑑定して評価するため、評価をする物件を当然詳細に調査する必要があります。
そのため、普通は目にすることがないような物件に出会ったり、建築物の最先端のものを目にしたりした時には、物件を調査することが楽しくなります。
例えば、超と言われるような高級マンションなどは、それほど簡単に見ることができるものではありません。
また、いち早くデザインを有名な建築家が行った商業ビルを確認することができる場合があります。
このように、いろいろな物件を目にすることが可能であるということも、不動産鑑定士のメリットなのです。

MENU